初のNano-ITX PC

とあるUSB接続チューナーを入手したため、TV録画用、及びそれに飽きたら家族用PCに転用できるように(^^;、初のMini-ITXで組立を行った。
一応、静音及び低消費電力をある程度は意識して、パーツ選びを行っている。

CPU Intel Pentium Dual Core E5200(2.5GHz) 定格動作 中古品。同クロックのCore2Duoよりは安めである。
CPUファン 純正クーラー マザーのPWM制御のおかげで、ゆっくりしか回っておらず、かなり静音。
マザー intel DG45FC(G45/Mini-ITX) intel純正のLGA775 Mini-ITXマザー。安定はしているけど、電圧調整も出来ない…
メモリ ELIXER PC-6400 1GBx2=2GB 定格使用。メイン機で以前使用していた。
VGA オンボード
HDD TOSHIBA MK6465GSX 2.5インチの大容量を選択。中古だが、使用時間は数時間程度の上物。
DVD TSST SN-S083C(スリムDVD-R) スリムドライブ。録画機としては使わないが、将来の転用時のために。
Reader MCO USR-DOS1/WH メイン機で以前使用していた。ケースの色に合わず、ホワイト。
CASE IN WIN Wavy 160W電源付。思ったよりも使いやすい。
OS Windows Vista Home Premium 1ライセンス余らしていたものを流用。



ケース紹介(IN WIN Wavy IW-BM651B/160)

電源付・そこそこのサイズ、デザインであることと、近隣の(田舎の)パソコンショップで在庫があったことより選定した。
ほとんど仕様を調べずに買ったのだが、結構出来がいい。


こんな感じの箱に入っている。


ケース本体の写真。ケース側面に謎のデザイン有。


フロントの蓋を開けたところ。
このケースには、5インチベイ部に3.5インチベイとスリムドライブを取付られるアダプタが標準で付属している。
ただし、排他利用ではあるが。
スリムドライブ用の変換ケーブル、アダプタなどは付属していなかったため、別途準備が必要である。


ケース内部。3.5インチHDDベイ部に、2.5インチHDDが取付られる穴が開いている。
こちらは排他利用ではなく、独立して使用可能なため、たとえば、2.5インチSSD+3.5インチHDDなどの構成も可能ではある。
それを意識してか、S-ATA用給電コネクタが2個用意されている。


CPUクーラーの干渉は、純正薄型クーラーでは無し。
今回の構成では、内蔵カードリーダーが出っ張っており、これ以上背の高いクーラーと組み合わせると干渉する可能性がある。
が、もっと奥行きが短いリーダーであれば、(マザーボードにもよるが)もっと大きなクーラーを取り付け可能である。


組立後

非常に静かなパソコンが出来上がった。
静音性を狙って、2.5インチのHDDと45nmのCPUを選択したことが大きいのであろう。
特にアイドル時においては、マザーボードのファン制御がうまく動作し、ほとんど分からないくらいの音しか出ていない。
録画機、という用途を考えると、十分合格レベルである。


各種情報、及びベンチマーク。
最近の2.5インチHDDは、普通の用途であれば、十分なパフォーマンスがあると思う。
容量も1GBまで出ており、一般用PCであれば2.5インチで十分だと思う。

あと、参考に電力も測定した。

待機時 37W
ゆめりあベンチ 53〜56W
Prime95 69W
AC-OFF 待機電力 1.3W

最新のCore i3-2100T+P61/P67マザーの構成にはさすがに及ばないし、電圧調整が出来るマザーでもないため、それなりだと思われる。

当HPの全ページ内に含まれるバナー以外の画像データ
及びページ内容等を無断転載する事を禁止します。
このページの内容に関しては、一切の保証はございません。
当HPはご自由にリンクして頂いて結構です。
(c)Copyright 2010 Sakura. All rights reserved.