ようこそゲストさん

さくら日記V2@Filworks.Com

メッセージ欄

2013年11月の日記

一覧で表示する

2013/11/03(日) フォレスター メンテナンス② リア部、内装

567-1.jpg
◇リア
○カーゴステップパネル(アルミ)
購入してから追加した純正オプション。
ステップパネルがないと、後ろ姿が寂しいため。

567-2.jpg
◇内装
○フォレスター SG A~C型用オーディオパネル(シルバー)
○フォレスター SG C,D型用エアコンパネル(シルバー)
○インプレッサ GDB 後期用シフトパネル(シルバー)
STiバージョンなどの一部のSGフォレスターは、内装に黒塗装が使われているが、経年劣化でぼろぼろになってしまう。
再塗装という手もあるのだが、中古でシルバーパネルを手に入れて、交換することにした。

STiのパネルから、エアコン吹き出し口と、エアコンコントローラー本体を取り外して、シルバーパネルと組み合わせている。
ちょっとしたアクセントになる。

シフトパネルについては、フォレスターのマニュアル仕様パネルが入手が難しそうだったため、インプレッサ GD/GG後期型用のを入手した。
GD/GGインプレッサは、後期型より内装がフォレスターと同仕様となり、シフトパネルは形状が完全に一致しているため、流用が可能である。
ただ、同じシルバー色でも、インプレッサとフォレスターの色は多少違うようだ。まあ、目立つほど違うわけではではないが…。
GDB用だったため、アルミのリングが付いている。

◇カーナビ、オーディオ
○カーナビ1 KENWOOD MDV-Z700
○カーナビ2 SONY NV-XYZ777
○ウーファー JVC CS-BB2

カーナビ関連は前車から移植。
相変わらずのダブルナビである。

XYZ777の液晶は、ヤックのDIN BOX(VP-D1)に、オプションモニター基台(VP-D9)を使って取り付けている。
わりと綺麗につけることができる。

ウーファーは、中古用品店で見つけて即買い。
投影面積も高さも小さいため、フォレスターの助手席椅子の下に、しかも純正AVトレーの上に載せて余裕で設置可能である。

ドアスピーカーが純正のままではあるが、ウーファーが追加されたことでそこそこ迫力のある音が出るようになった。

ドアスピーカーについては、KENWOODの18cmセパレートがあるので取り付けたいのだが、スバル車用の18cm対応バッフルは市販されておらず、取り付け方法を模索中である。

2013/11/03(日) フォレスター メンテナンス① 灯火類、足回り

購入後、DIYでメンテナンスを行っている。

566-1.jpg
◇フロント部
○ロービーム GE D2R 4200K HID
購入時は、少し白目がきついPhilipsのバルブが装着されていた。純正ではなさそうで、前のユーザーが交換したのだろう。
白目がきついと暗く感じることもあり、純正色に戻した。
Amazonで2本7000円と安かった。

ついでにマイクロコンパウンドでヘッドライトカバーを磨いた。
若干変色していたが、きれいになった。

○車幅灯 T5型バルブ
眉毛の部分。
片側が切れかけだったため、両側とも交換した。
LEDが多く売られているが、普通の電球を選んだ。
本来はバンパーを外してライト本体を外さないとだめらしいのだが、フロントグリルを少しずらせばなんとか交換可能である。

566-2.jpg
◇ホイール・タイヤ
○ホイール BBS RG345 17インチ 7J +48
フォレスター SF5 STiⅡに採用された純正ホイールである。
このオフセットとホイール幅では珍しく、ブレンボブレーキキャリパーを避けられる。
元々は純正18インチが付いていたが、STiの足回りの固さ、および距離によるへたりもあり、楽に乗れるように17インチにインチダウンした。

昔SG5Eに乗っていたときも同じBBSを選んでいたなぁ。

○タイヤ BS Playz PZ-X 225/50R17
ホイールを買ったショップで適当につけたタイヤ。
山はそこそこ残っている。
ほどほどに静かで、乗り心地も悪くないタイヤだと思う。

◇ブレーキ
○ブレーキパッド DIXCEL ES
○ブレーキローター DIXCEL FP
○ブレーキグリス WAKOS ブレーキプロテクター(グリース)
ローターは未交換だったようで、特に最外周部に大きな段差ができていた。
ブレーキ鳴きもひどかったこともあり、ローター、パッドを交換した。
純正は結構高いらしいので、DIXCEL製を選択した。

ただ、それでもブレーキ鳴きは収まらず、いろいろ試した結果、WAKOSのブレーキプロテクターグリースを使ってみることにした。
低速時に鳴くことがあるが、ほぼ無音になった。
グリースの耐久性もそこそこにありそうである。

パッドは一応スポーツモデルのためか、すごくブレーキダストが出る。ホイールがすぐに真っ黒になる。

566-3.jpg
◇ダンパー
○ビルシュタイン B6 SG5用
距離が出ている関係上、足回り、特にダンパーの経年劣化は仕方がない。
タイヤをインチダウンするなどしていたが、やはりダンパー交換が一番ということで探していたところ、SG5用のビルシュタインダンパーの中古を見つけた。

ビルシュタインはオーバーホールができるため、ある程度へたってきてもリフレッシュ可能。また、その費用は純正ダンパーを買うよりは圧倒的に安い。

SG5用に作られているダンパーはSG9に使えるのか心配であったが、ダンパー長はほぼ同じで、取り付け後の車高の変化もなく、特に問題なく使用できている。
エナペタルでオーダーしてビルシュタイン化しているSG9オーナーは割といるのだろうが、SG5用のビルシュタイン B6を流用しているオーナーはまずいないだろうなぁ…。

取り外した純正は、ダンパーを押し込んだ際の戻りが明らかに遅い。
今回取り付けたビルシュタインとは戻り速度が全然違い、やはり純正はへたっていたのだなと確認できた。

バネはSG9純正を流用した。問題なく取り付け可能であった。

装着後走ってみたが、明らかに道路の轍が気にならなくなり、快走できるようになった。
ただ、ストラットのアッパーマウントは今回未交換なのだが、そのせいもあるのか、若干ゴツゴツ音がするようになった。
また、機会を見て、アッパーマウントの交換を考えたい。

2013/11/03(日) 車両入替:フォレスター STiバージョン SG9 D型

思うところがあり、エクストレイルを売却し、フォレスター STiバージョンを購入した。
SG世代。懐かしの白色。結局ここに戻ってきた。

565-1.jpg

SGフォレスターでマニュアル車で探すと、STiバージョンが多くヒットする。
距離が伸びている車体であれば、古くなってきていることもあり、わりと安い。
年間3万km乗るので、購入時の距離は気にならない。その分安く買って、メンテナンスしていけばいいという考え方である。

アプライドモデルはD型。後期型である。
SF/SGの最終世代で、自分のもっとも好きな型である。

早速、ぼつぼつメンテナンスを行っている。