ようこそゲストさん

さくら日記V2@Filworks.Com

メッセージ欄

分類 【パソコン・Dガシェット】 で検索

一覧で表示する

2014/12/17(水) メインPC ケース組換→増設

2011年ごろにIN WINの初代WAVY IW-BM651B/160を購入している。
家族用として使用していたのだが、WAVYの持病とも言える(?)、電源故障が発生。
そちらは他のケースに入れ替えて、WAVYが余ったため、この6月に組んだメインPCを入替、さらにビデオカードを増設をすることにした。

WAVY0.jpg
WAVY1.jpg
WAVY2.jpg

壊れた電源は、ACアダプタタイプにリプレイス。
ABEEのAC150-AP04AAを導入。
電源変換基板は、バックパネルに無理やり固定した。
増設ビデオカードもあるが、CPUが低TDPのi5-4570Tのため、なんとか運用可能。
ただ、余裕は無いと思われるため、カードリーダーや光学ドライブはすべて外付である。

ビデオカードは、GIGABYTEのGeForce 750Ti GV-N75TOC-2GLを購入。
補助電源無しで使える中では、現状で一番パフォーマンスが良いと思われる。
DVI,HDMIx2,DP出力付。

また、もともとSSDと2.5インチHDDの2台構成であったが、3.5インチベイに変換アダプタをつけて搭載している。
WAVYで2SLOTのビデオカードを使う場合、2.5インチマウント部にドライブを増設すると干渉するためである。

手持ちの小型ファンコンでケース付属ファンも低速回転させ、ビデオカードも静音仕様であり、かなり静かなPCとなった。

これまで使っていた、IN WIN IW-BQ656に比べて、若干大きいぐらいではあるのだが、2SLOTのビデオカードを追加増設できるようになり、かなりのスペックアップとなった。
WAVYは、結構面白いケースである。

2014/08/09(土) メインPC新調

PC_1.jpg
PC_2.jpg

ここしばらくはノートPCがメインとなっていたが、価格に対して性能不満があったことから、小型ITX-PCを自作した。
1か月前、東京方面に出張時、帰りに秋葉に寄った際にケースやパーツを見つけて、衝動買いである。

ケース:IN WIN IW-BQ656/120N
コンパクトなITXケース。120W電源付。
本来は3.5インチシャドウベイ+スリムドライブベイのみなのだが、隙間に押し込むことでもう一台2.5インチHDDを内蔵可能。
横が少し膨らんでおり、45mmくらいまでのクーラーは搭載できるようだ。
電源ファンがうるさいのが難点だが、交換すればマシになる。

CPU:i5-4570T(Haswell,TDP 35W,2.9GHz/3.6GHz)
MB:MSI H81I(H81,ITX)
120W電源に通常電圧のCPUは厳しいので、TDP35W品をチョイス。
マザーボードはシンプルで安いH81を選択。
オーバークロックをするわけでないし。

メモリ:CFD DDR3-1600(XMP) 4GBx2
SSD:THNSNH128GCST(HG5d 128GB)
HDD:MQ01ABB200(2.5インチ 2TB)
メモリとHDDは既存のサブPCより。
代わりに、別途購入したメモリ 2GBx2とHDD 630GBをサブPCに。

OS:Windows8 Pro
こちらも、サブPCより移動。
サブPCは、VISTAへ格下げ…。

小型軽量かつ、消費電力が少ないPCが出来上がった。

2014/01/01(水) SONY VAIO S SVS13A3AJ

別記事でも少し出ているが、年末に、ノートPCを購入した。

□VAIO S SVS13A3AJ 2013年春モデル

571-1.jpg
571-2.jpg

中古での購入である。
VAIOオーナーメードモデルで、
・Windows 8
・Core i7-3540
・メモリ 8GB
・NVIDIA GeForce GT 640M LE/1GB
・SSD 256GB
・DVD-Rドライブ
という仕様になっている。

グラフィックチップが別搭載のハイパフォーマンス型のノートPCで、液晶が13インチクラスのモデルである。
あえてこのモデルを選んだ理由は、1月から生活環境が変わる影響で、週末を中心にPCを持って移動することが多くなり、持ち運びやすいサイズである13インチクラスで、ある程度のパフォーマンスが出るPCがほしかったためである。
液晶が15インチ以上であれば、もっと選択肢が増えるのだが、13インチクラスでは選択肢はほとんど無かった。
VAIOに関しても、現行ではこの仕様は無くなっていたと思う。

ノートをメイン機として使用するため、これまで使用してきたデスクトップ機から環境・ソフトウェアを移植中である。

2013/12/31(火) Windows8(8.1):古いATOK(ATOK2006)を導入する、および誤動作対策

古いソフトであるが、ATOK2006をWindows 8.1(64bit)環境に導入している。
公式対応はもちろん無い。ただ、公式に公開されているアップデートをすべて適用した状態で、一部を除き不具合なく使用できている。

その一部の不具合であるが、勝手に入力方法が切り替わるという問題である。
といっても、ATOK2006固有の問題ではなく、調べていくと他のバージョンでも発生しているようである。

対策方法があり、Windows側の設定変更で解決可能である。

570-1.gif

コントロールパネル「時計、言語、および地域」より、「言語の追加」を表示し、詳細表示をクリック。
「入力方法の切り替え」の「アプリ ウィンドウごとに異なる入力方式を設定する」にチェックを入れ、保存することで発生が無くなる。

2013/12/31(火) 801.11nで、2.4GHz使用時に300Mbpsで接続しない(intel 6150)

VAIO Sは内蔵無線LANにintel Centrino Wireless-N + WiMAX 6150を搭載している。

無線LANの親機としてNEC WR8300Nを使用している。WR8300Nは2.4GHz帯の11n フルスピードをサポートしており、300Mbps接続が可能である。
しかし、VAIO Sから接続すると、130Mbpsでしかリンクしておらず、300Mbpsでリンクする気配がない。

何か設定があるのではないかと調べると、デバイスマネージャーのドライバの詳細設定に項目が存在した。

569-1.gif

「バンド2.4の802.11n チャンネル幅」という項目があり、変更前は「20MHzのみ」になっていた。
これを「自動」に変更することで、300Mbpsでリンクするようになった。

おそらく、intel 6150だけでなく、6250を搭載している別ノートでも同様の設定があった。その他のintel系の無線LANでも同じ設定が存在すると思われる。

2013/12/31(火) Windows8(8.1):外付モニタのフォントが滲む

新規でノートを購入した。
SONY VAIO S SVS13A3AJという、モバイルサイズでGeForce内蔵の性能重視のノートである。

設定をしていたのだが、なぜか外付モニタをつないだ際、外付モニタに表示されるブラウザやエクスプローラーの文字が滲む。
アンチエイジングが掛かっているようなのだが、非常に見えにくい。

Cleartypeが原因か?それともVAIO特有の何かが入っているのか?と調べていたのだが、結論としては違った。

568-1.gif

ディスプレイの設定で、テキストなどの拡大表示の設定があり、設定のスライダーが小さくするから一コマ右に動いていた。
これが原因で、文字が勝手に拡大された扱いになり、滲む原因になった模様。
ただ、内蔵のディスプレイでは滲みは感じなかった。どうやら、解像度(内蔵:1600x900、外付:1920x1200)に応じて拡大設定を適用している可能性がある。

スライダーを左端に設定するか、「すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用する」にチェックをいれて100%を選べば、滲みはなくなった。

VAIOのデフォルト値がこれだったのか、何かの拍子に変わったのかは謎である。
デスクトップ機にもWin8.1を導入しているため、そちらの設定を確認したが、スライダーは左端になっていた。
ただ、デスクトップ機はWin8.1を新規導入であり、VAIO SはWin8→Win8.1に更新しているため、その影響があるかもしれない。

2013/08/10(土) ミラーレス一眼 LUMIX GX1 DMC-GX1

現在使用しているデジカメは、コンデジの中でも大柄なPowerShot G12。
2011/03ごろに、それまで使用していたPowerShot G7が故障したため、購入したものである。

コンデジの中でも高級モデルであり、1台でなんでもこなせるデジカメとして、活用していた。
特に現状に不満があったわけではないのだが、量販店の店頭で超特価のミラーレス一眼を見つけたため、
買い換えることにした。

564-1.jpg

Panasonic LUMIX GX1
14-42の電動ズームレンズのセットモデルである。
14-42の電動ズームレンズは非常にサイズが小さく、本体もコンパクトなGX1との組み合せで、レンズ交換型としては持ち運びやすいサイズになる。
重量もさほど重くない。
そして、ある意味一番の機能としては、(裏技らしいが)フラッシュのバウンス撮影が簡単にできることである。室内撮影も多い自分の使い方には非常にありがたい。
マクロに弱い(あまり寄れない)というのが弱点ではあるが、クローズアップレンズで改善できるようだ。

発売時期は2011/11と、2年弱ほど前の商品である。
発売当時は6~8万程度していたモデルであるが、2年弱の間に値段が下がり、3万を割る寸前というとことまで値下がってきている。
ただ、後継機種が発表されているモデルであり、生産は終了しているためか、
黒色モデルはすでに再安店舗の在庫が無くなっているためか値上げ傾向になっている。
その黒色モデルが、近所のケーズデンキで在庫処分の対象となっていた。価格も会員割引入れれば一時期の価格コム最安値並。
即決購入となった。

GX1とは別に、37mm→49mmへのステップアップリングと、49mmのレンズプロテクター&レンズキャップ、および液晶フィルムを調達して装着してある。
G12では、レンズのオートカバー機構があるのに、いつのまにかレンズにキズをつけてしまった。
今回、GX1はレンズキャップの仕様のため、G12よりさらに用心する必要があるためである。

なお、これまで使用してきたPowerShot G12は売却。GX1は、G12と違って何でもこなせるコンデジではないため、手元に置いておいておくことも考えた。
ただ、同じようなサイズのデジカメを2台持っていても、古い方が使われなくなるだけだろう・・・ということで売却することにした。

564-2.jpg

SDカードは、G12で使っていたSanDiskの8Gを引き継ぐとともに、これまた近所で安売りになっていた東芝 FlashAir 8Gを導入してみる。
デジカメで撮影した画像を、WiFi経由で人に渡したり、スマホに転送して広い画面で見たり、といったことが簡単に出来るとのこと。
転送速度はSanDiskより遅いのが難点か。

2013/01/07(月) Seagate RMA すごく速い

ちょっと前に不調になったSeagate ST3500320ASを、ようやくRMAに出したのだが、すごく速い。

正月休みに発送して、本日、日本の回収エリアに配送されたのだが、早速「Your order has shipped!」のメールが。
…現物を日本で確認したら、代わりの修理品を発送したようだ。

シンガポールからの発送のようだが、UPSだから今週中には到着するだろう。
サブ機にでも組み込むか。

2013/01/04(金) P906i PNGファイルは読めない…

通信環境見直しのために久し振りに復活させたP906i。
欠点が一つ見つかった。

PNGファイルが読めないのである。
メール添付の画像を開こうとして、気がついた。

あまり扱う機会はないといえばないのだが、いざ届いたときはスマホ側のgmailに転送するなどいるのでちょっと不便。
毎月の通信料ダウン分があるので、ガラケーの新機種導入を考えるべきか…。

2012/12/12(水) モバイル通信環境整理中・・・

最近、モバイル通信環境を整理中。
というのも、現在、メインのインターネット回線はWiMAXなのだが、モバイルルーター(WM3500R)上で運用するようになったため、持ち出しが出来るようになったのである。

現在、都市圏近郊に住んでおり、地下やビルの陰をのぞき、基本的にWiMAX通信可能で、高速モバイルはWiMAXに絞っても問題ない状況なのである。
そうすると、現在、ドコモのパケホーダイフラットをGalaxy Nexusで運用しているが、これも必要なくなるんじゃない?と考え、思い切って次のような構成変更を行うことにした。

・ドコモ回線 タイプシンプルバリュー+パケホーダイ シンプル(メール使いホーダイ)へプラン変更。
 及び、端末を昔使っていたP906i(ガラケー)に戻す。
 iモードは使う予定がないため、基本的にメール以外のパケットは発生しないため、最安プランで運用できる。
・Galaxy Nexus IIJmioの945円SIMを導入。
 スマホに関しては、単体での通信手段は確保しておきたいところから、IIJmioを導入した。
 速度はたしかに遅いが、Webベースコンテンツであれば、我慢できるレベルであるし、高速通信がほしいときにはWiMAXモバイルを持ち出せばいい。
・Nexus 7 WiMAXモバイルルーターで運用。
 Nexus 7は、WiMAX一本での運用とする。

これで、来月から通信費用が抑えられるであろう。