レガシィB4 2.0GT(前期型) オーディオ周り分解

純正オーディオ用のAUX入力アダプタFSL-21を購入した。


BL/BP前期型の、マッキントッシュ含むオーディオにAUX入力を追加できる。
AUXアダプタとしては値段が高めなのがちょっと痛いが…。
これで、後付ナビの出力を直接オーディオ入力可能になる。
で、取り付けのためにオーディオ周りの分解を行った。



分解写真

まず、センターコンソールのクリップを外す。

青丸の部分を引っ張ってはずす。クリップが外れて、浮いていれば問題ない・・・と思う。
(この後、オーディオパネル横のカバーを外す際に、センターコンソールが浮いていないと外しにくいため)


続いて、シフトレバー周囲の飾りを外す。MT車だと、ちょっと違ったかも知れない。
青丸の部分に工具を突っ込むと、外れる。


シフトレバー周囲のパネルを外す。適当に工具を突っ込んで…。
あと、ECOボタンとシガーソケット用に配線があるので、そちらも外す。


オーディオ横のパネルを外す。これ、A型だけ表面がアルミ?
赤のビスを外した後、青のクリップに注意しながら引っ張れば外れる。


オーディオを取り付けているねじを外す。青のビス両側6箇所をはずす。
一番上のねじは、オーディオ全体のフレームをとめているため、オーディオの取り外しには関係ない。

これで、取り外すことが可能。


こんな感じでFSL-21を設置して戻した。

なお、FSL-21はオーディオからはチェンジャーとして認識するらしい。


アンテナ流用など

私の車の仕様はマッキントッシュオーディオ+メーカーラインDVDナビ、アナログTVチューナー有。

この仕様だと、とりあえず以下のことを確認した。
・マッキントッシュのFMラジオ入力は昔の日産タイプ(ピンが2本出ている)。ただし、根元のほうでスバルアンテナコネクタから変換しているだけ。
・スバルオーディオコネクタからは電源をもらっているだけ。スピーカー…というか、音声出力は専用コネクタで助手席足元のアンプに接続されている。
・アナログTVアンテナは普通のφ3.5ピンジャックx4。私の場合は、割に線があまっていたので運転席下の別置HDDナビまで延長可能だった。
 あと、(ブースター経由だが)FM-VICS用アンテナとしても使えそうである。




当HPの全ページ内に含まれるバナー以外の画像データ
及びページ内容等を無断転載する事を禁止します。
このページの内容に関しては、一切の保証はございません。
当HPはご自由にリンクして頂いて結構です。
(c)Copyright 2010 Sakura. All rights reserved.