SPECIALIZED ALLEZ COMP フレーム+オリジナル仕様
初の自分で組立自転車

通勤2号 ドロップ仕様


SPEC

仕様
SPECIALIZEDのALLEZ(アレー) COMP 2005年仕様のフレームをベースにしていろんな部品を使っております。
当初はフラットバー仕様でしたが、ドロップに変更しました。
2007/09/09に大幅変更。基本105で、一部DURA-ACE/ULTEGRA仕様に。

カラー BLACK/WHITE 黒・銀・ホワイトのみなので、派手系カラーを使ったロードに比べれば落ち着いた感じが…しないか。
フレームサイズ M(540mm) サイズはたぶん適切。
フレーム E5-Columbusアルミ+FACTカーボンバック(ゼルツ入) 振動抑制にカーボンバックで組みたかったため、ちょうどいいものを見つけた(中古だが)。
ゼルツも入っていて振動を吸収してくれそうだし。
フォーク フルカーボン、ゼルツ入り ゼルツの窓がないが、入っているらしい…
ヘッドセット AHEAD、FSA製 中古フレームについてきた。
ハンドル 日東 Neat M.196 420mm シルバー 日東は日本人に一番あっている、ということでドロップ化に伴い選定。
色は、中古であったのがシルバーだったので。
ステム 日東 UI-5EX 80mm シルバー ドロップハンドルと同時に購入。長さも、中古であったのがこれだったため。
コラムスペーサー カーボン、10mmx2、ホワイト カーボンはホワイトしか在庫がなかった…。
ステムがシルバーになったからまあいいか。
バーテープ Specialized バーテープ 黒 近所に売っていてた。
ブレーキ シマノ DURA-ACE BR-7800 中古で購入したBR-5600はがたが出ており、もうひとつブレーキ性能がよくなかったので、どうせならDURA-ACEということで購入。
きちっと止まってくれます。
ワイヤ シフトケーブル:シマノ SiS(インナーはDURA-ACE)+ヒラメ 変速バナナ
ブレーキケーブル:シマノ DURA-ACE
ドロップに組み替えたけど、結局構成はこのまま…。
フロントバッグ取り付け用に変速バナナを入れています。
フロントディレーラー シマノ FD-6603 フラットバーから引き続いて非対応の組み合わせ(FD-6603は52T用だがFC-5600は50T)。
リアディレーラー シマノ 105 RD-5600 GS(BBBのプーリーに変更) とりあえず105。10速用を9速で使用。
BBBのベアリングプーリーに変更済。
STi シマノ ST-5600 (3+10s) 10速用現行105。
スプロケット シマノ DURA-ACE CS-7800 12T-25T(12,13,14,15,16,17,19,21,23,25) DURA-ACEもいらんかった気もするが、まあ中古であったので購入。
チェーン脱落ガード
リオグランデ 31.8mm
インナーより内側にチェーンが落ちた場合に引っかかるようにするモノ。一応取り付け。
チェーン シマノ DURA-ACE CN-5600 とりあえず10s用ということで。
クランクセット シマノ 105 FC-5603 170mm 50-39-30T。トリプル。
ボトムブラケット(BB) SM-FC5600 JISサイズ SM-FC7800でもよかったかなぁ。
ペダル PD-M324 片面SPDペダル 普通の靴でも乗れるSPDペダル。ちょっと重いのが欠点かも。
リム DT SWISS RR1.1 32H(前後とも) 結構丈夫という噂を聞いて選択。シルバー。
ハブ シマノ DURA-ACE HB-7400/FH-7403 32H/32H 74系DURA-ACEハブ。中古でわりに安かったので…。
10sでも普通に使えます。
スポーク DT SWISS champion1.8 293mm/292mm/291mm DT SWISSの計算ページから算出して選定。
フロント/リアタイヤ PANARACER Century Fun 700x23C 一応レース向けタイヤになるのかな?ロングライド向けのタイヤ。
チューブ Michelin AirComp Latex 軽量ラテックスチューブ。通勤に使うのは無謀か?
シートポスト Specialized Pave 27.2mm ゼルツ入りのカーボンシートポスト。
サドル SPECIALIZED AVATAR 130 AVATARの昔のモデルかな?GEL入り。
重量 未測定 装備品はずせば10kgは切ってると思うのだけども…。


入手状況

2007/07/28にフレームをヤマシゲサイクル(愛知県)で購入。(委託販売)
その他パーツを下記場所で購入。
新品
  Bikers Online
  ウエムラサイクルパーツ
  ディオワールド・アヤハディオ
その他オークションなど。
中古
  サイクリー
  長谷川興業
その他オークションなど。


レビュー

きっかけ

SIRRUSで週に2回程度通勤をするようになり、自転車にもだいぶんなれてきた。
せっかくなので、SIRRUSをいじってやろうと思い、部品をちょくちょく集めていた。、
しかし、通勤用自転車をなかなかいじる気にならない。

ある時ふと気がついた。
「フレームを買って一から組み立てた方がいいのではないか?」

ディスクブレーキを採用しているため重量がかさむこと。
いじったところで大して軽くならないこと。
いじくるにしても、BBが旧形式のため別に工具がいること。
わざわざ部品を外すのがめんどくさい。

これらを考えると、安いフレームを別に準備して、組み立てた方がよりいいのではないか?

というわけで、安い中古フレームを探し出し、工具をそろえて
自転車を組み立ててみたいと思うようになった。

目標

今回の自転車は通勤2号。SIRRUSのかわりになる。
通勤ということから、フラットバーで組み立てる。

できる限り安く、でもそこそこいいものを積みたい。
そのため、ネットの波を彷徨って様々なパーツを探してきた。

クランクはトリプル。通勤用なので、坂を楽に上ることを考えて。
リアは9速にした。10速のフラットバー用シフターの中古はまず出回らない。

できる限り中古を使いまくった。 新品で購入したのは、コラムスペーサー、グリップ、ブレーキパッド、ワイヤ類、チェーン、リム、スポーク、シート。
メインコンポーネントは全部中古にすることで、総費用を抑えることにした。

工具も購入しないといけない。安くあげるため、Bikers Onlineを利用したり、一般向けの工具を利用したりした。
チェーン切りはTopeakの携帯用工具を使っている…。

工具・組み立て

組立は、組立自身は3時間ほどで終わったが、ディレーラーの調整などに手間取ったり、追加で部品購入を
しにいったりしたため、結局1日作業となった。

難しいのは調整だけで、組立自身は各種サイトや参考本を読み、工具・ケミカルをそろえれば普通にできると思う。
使用した工具は、
・六角レンチ(アーキレンキー) 各サイズ
・SM-FC5600等に対応したBBレンチ Park Tool BBT-9
・チェーン切り Topeakの携帯ツール
・ワイヤーカッター ホームセンターの汎用品
・ミノウラ ホイール組み立てセット
・各種リップル回し(組み立てセットについていたのはすぐにゆがんだ)
・タイヤレバー
などである。あとは各種グリスなど。

構成

・変則組み合わせその1 5600+4500の105+TIAGRAの構成ってあまり聞かない…。
結果的に、9速で使用。最初にフラットバーにしてなかったら、10速で確実に組んでたが…。

5600て9速ってかなり間違ってはいるが、とりあえず使えています。
(チェーンホイールおよびリアディレーラー)
5600のチェーンホイールは幅が狭い(10速チェーン用)と聞くのだが、4500のSTIとあわせて引けてる…

・変則組み合わせその2
フラットバー用のFD+STIも変則だなぁ…しかもトリプルで。
まあ、なんとか引けてるのでいいか。

・変則組み合わせその3
10s後の組み合わせで、105のトリプルクランク+ULTEGRAのFDで組んだが、
規定の寸法(ギアとFDの隙間3mm以内)だと、一番外側に入れるときに、真ん中のギアとFDが干渉してしまう…。
これは、ULTEGRAのFDが52Tを前提に作られてて、105のクランクは50Tというのが悪いんだが。
干渉しない程度にFDを動かしてやることで解決。
変速も、まあふつうにしています。

感想

現在ポジション調整中だが、「ロードは(慣れれば)乗りやすい」といわれるのがわかる気がする。
フラットバーに比べれば速度は出しやすく、疲れも出にくい。

本来、ロード用のフレームでフラットバーにしていたので、変更は簡単だった。
ただ、9速で組んでたので、その影響がかなりのこっている…
10速にしてもいいかもしれない。


2007/07/29 初版

当HPの全ページ内に含まれるバナー以外の画像データ
及びページ内容等を無断転載する事を禁止します。
当HPはご自由にリンクして頂いて結構です。
(c)Copyright 2004-2007 TAS All rights reserved.