2017/08/16(水)酷道めぐり:元R421 石榑峠(滋賀県側)

IMG_1205.jpg


訪問日:17/08/16

石榑トンネル開通で国道指定が外れた元国道421号線の石榑峠、滋賀県側を訪れました。

元々、石榑峠は、三重・滋賀県境~三重県側の狭路区間、およびその両端に、幅広車の侵入を物理的に防ぐために配置された写真のコンクリートブロック(今回は撮影していないが、三重県側にもある)が有名であり、また、コンクリートブロックに囲まれていない区間についても狭路であったため、酷道の代表の1つともいわれておりました。

2008年に土砂災害で通行止めとなり、その後、石榑トンネルが2011年に開通し、国道指定が外れ、訪問日現在でも三重・滋賀県境~三重県側の狭路区間は通行止めのままとなっております。

今回、滋賀県側から、県境付近まで走行を行いました。
以下、ドライブレコーダーから切り出した画像となります。
ダッシュボードが映り込んでおります。

1.jpg

入り口は、少し奥に喫茶店への入り口があるためか、綺麗です。
ただ、少し奥にいくと…

2.jpg

3.jpg

4.jpg

道路に砂が流れ出ている箇所が何か所もあります。
現状では、S4でも乗り越えられる程度の量ですが…。

5.jpg

路肩が損壊している箇所もありました。

1週間前ぐらいに台風が直撃しましたので、その影響もあるとは思います。
登山をされる方が利用されているという話も聞くのですが、元々県境付近にあったNTTの中継局も撤去されたことから、道路としての必要性は薄くなっており、今後大きな土砂災害が発生すると、廃道化ということも十分に考えられる状態でした。

2017/08/14(月)VAG:ガラスウィンドウ撥水施工(カーメイト XCLEAR 1年耐久)

2017/08/15 0:22 自動車::WRX S4 GT-S[VAG-B]
施工日:17/08/13
距離:4900km
施工時間:2時間

WRX S4には、もちろんアイサイトが搭載されています。
アイサイトは、カメラを用いて測距を行うため、フロントガラスに関する制限が厳しくなってます。
ただ、アイサイトVer3になり、ディーラー施工でウィンドウガラスの撥水加工が設定されています。

http://www.tochigi-subaru.co.jp/topics/service/waterrepellent/waterrepellent.htm
http://www.kanagawa-subaru.com/service/ultra_window_coat/

使用する溶剤はスリーボンド製のウルトラウィンドウコーティング Deluxeのようで、フッ素系のようです。
また、対応ワイパーゴムは、PIAAのエクセルコートのようです。

IMG_1201.JPG


それであれば、DIYでフッ素系の撥水剤を施工したうえで、定期メンテナンスをしていこうと考え、DIY施工することにしました。

IMG_1203.JPG


まずは、下地処理として、キイロビンを用いて、ガラス表面の汚れやコーティングを落としました。

IMG_1202.JPG


その後、施工を行いました。
今回用いたものは、カーメイトの「XCLEAR 1年耐久」を店頭で購入しました。
事前にレビューを見たわけではなく、フッ素系のもので、店頭にあったものの中から適当に選択しただけです。

なお、XCLEAR 1年耐久はフロントガラス向けと設定されていますが、今回はサイド・リアガラスも含めて施工しました。

ワイパーゴムは、前面2本、後面1本すべてエクセルコートに交換しました。

まだ、本格的な雨降りには合ってないため、ワイパーのビビりなどは確認できていません。
雨降りの際に確認しようと思います。

追記:2017/08/16
雨降り走行をする機会がありました。
ワイパーのビビりについては、一切発生しておりません。
ワイパー拭き取りの際、ごくごく小さな水玉がガラスに残り、一瞬ホワイトアウト気味になりますが、すぐに消えることから、あまり気にはならないです。

2017/08/14(月)VAG:ボディコーティング施工(5イヤーズコート)

2017/08/14 23:55 自動車::WRX S4 GT-S[VAG-B]
IMG_1193.JPG


施工日:17/08/14
距離:4900km
施工時間:5時間

夏場は気温が高い時期で、溶剤が乾きすぎるため、コーティング作業を行うのには向かない時期だと思います。
ただ、この日は前日夕方から気温が下がり、朝の時点での気温が25℃程度であったことと、屋根付きの作業場が確保できたことから、WRX S4にDIYでボディコーティングを行うことにしました。

コーティング剤は、日産のDOPである5イヤーズコートを用いました。
納車と同時ごろに、ネット通販で購入してストックしていたものです。

なぜ、敢えて、日産のコーティングを選択したのかというと、
・メーカー純正OPのコーティング剤の中では入手しやすい、価格もそこそこ
・元々日産車に乗っており、その際に入手した5イヤーズコートのメンテナンスキットがある
・以前にもDIYで施工したことがある
などが理由です。

施工時の写真は未撮影ですが、一般的なコーティング施工に従い、行いました。
・シャンプー洗車
・鉄粉とり(粘土)
・軽くコンパウンド掛けし、古いコートをはがす
・コーティング施工
2液混合し、ボディに塗り込み、10分ほどして固まったら拭き取り
少し多めに液を使用した結果、1台施工で溶剤をちょうど1本使用しました。

ほどほどの艶が出たように感じます。
撥水性については、雨が降った際に確認しようと思います。

追記:2017/08/16
何度か雨が降りましたが、綺麗に撥水しております。

2017/08/14(月)VAG:SUBARU WRX S4 GT-S(B型) 納車

2017/08/14 22:48 自動車::WRX S4 GT-S[VAG-B]
CAR_1.jpg


自分用のファーストカーを、SUBARU WRX S4に入れ替えました。

グレード:GT-S
色:アイスシルバーメタリック
MOP:アドバンスドセーフティパック,メモリー付本革シート
DOP:ベースキット,ステアリングスイッチ
市販品:カーナビ(KENWOOD Z704W),ETC2.0,フロント・バックカメラ
登録年月:平成28(2016)/02
距離:4000km
納車:2017/08/02

新車から1年半経過後の中古車です。

この記事を書く時点で、すでに1千km以上乗っておりますが、
昔スバルを乗っていた関係か、前者よりサイズアップしたのに
あまり違和感もなく、すんなりと運転できております。

この車を含めた、様々なことを記録していこうと思いますので、よろしくお願いします。

2017/08/02(水)MAZDAターンパイク箱根

2017/3/11に旅行

IMG_0789.JPG




今回は、麓の箱根料金所から入り、ラウンジまでの箱根小田原本線の上りを走行した。
該当区間の下りは以前に走行したことがあるが、
下りに比べて、上りは、きつい坂があるためか快走間に少し欠ける。

土曜日の昼間ということもあり、本線も数分に数台程度の通行はあり、
本線途中のビュースポットは何組かの観光客がいる状況である。

IMG_0788.JPG

IMG_0794.JPG


ラウンジや、その近くのビュースポットからの景色はかなりいい。
残念ながら、この日はあまり天候が良くなく、富士山は見えなかった。

IMG_0796.JPG


帰りは、新東名の静岡SAにて、桜エビのかき揚げ丼を食して帰宅。
OK キャンセル 確認 その他